WLCとは

  • APを統合管理するCiscoのアプライアンス
  • WLCのバージョンやAPの機種によっては、繋がれない組み合わせがある
  • WLCはAPが繋がる最大数の制限がある(使ったことあるのはAP最大1500台迄)
  • APの通信が集まる場所なので、繋がるWLC毎にAP群を分けるのが良い
    • 因みに、あるIPセグメントにMulticastが溢れ、そこに繋がってるAPがMulticastをWLCへ流し
      そのWLCに繋がってる他のAPの動きが悪くなるという故障を経験したことがある。
  • WLCのOSのバージョンが変わると、管理画面を開くときに同じブラウザで開けなくなるという経験をしたことがある
    • chromeで動いていたのに、Chromeが駄目になった。FirefoxだとOKだった。

WLCの使い方

cisco 5508 wireless controllerの場合

管理画面

最初の画面 MONITOR の Summaryが表示される。ここでHealthステータスのようなものが分かる。

APが繋がらないなどの問題が発生してるとき

Trapログを見よう

ここで直近のTrapログが分かる。

繋がれないAPやClient端末は Rogue AP認定されてることが多いので、MACアドレスを控えておき、この画面で確認しよう。

過去にあった事例

 ・Client端末がAPのSSIDに繋がる時にパスワードが異なり、繋がれない。
  そんなときもここに表示される

 ・自動運転フォークリフトに搭載の通信端末(Wifiを受信するための)がなかなかWifiに繋がらず、
  調べてみたら、その通信端末がRouge AP認定されていた。

このケースは、どうやらそれがAPとして扱われていて、WLCに繋がろうとしていたみたい。
(機器を調べたらCiscoの小型ルータ?みたいなやつだった。IoTゲートウェイだったのかな。ちゃんとメモしておけばよかった)

結局、その後、(対応していたのがシンガポールのベンダーさんだったのだが)違う通信機器を自動運転フォークリフトにくっつけて、その機器はちゃんとWifiをつかんだので大丈夫になった。でもWifiだとローミングが上手くいくのか。心配だったがその時はちゃんと動き回っていた。

APが出している電波(5GHz / 2.4GHz)と、その電波強度とチャンネルの確認