Newspicksのリンク

2018年6月1日 共同通信

出生数2年連続100万人割れ。出生率1.43 人口減加速

2021年2月20日  

国立社会保障・人口問題研究所
National Institute of Population and Social Security Research

いつも見てる厚労省の資料はこの施設等機関が研究し作成してくれていたものだと、今日知った。

https://www.weforum.org/agenda/2016/02/japans-population-is-shrinking-what-does-it-mean-for-the-economy/#:~:text=The%20population%20is%20forecast%20to,according%20to%20the%20United%20Nations.

英語で検索すると日本の2100年の人工予想は8300万人になっているのだが、当機関の低位推計の中で最低の数値を見ると、3600万人(36,625,000人)となっている。

リンクは下へ

http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Data/Relation/1_Future/1_doukou/1-1-A03.htm

当機関の高位・中位・低位推計が纏まったページはこちら

http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/db_zenkoku2017/db_zenkoku2017syosaikekka.html

Google「低位推計 2100年」で検索したよ。
日本語だとちゃんと数値が見れてよいね。逆に世界には発信しないほうがいいかも3600万人なんて。

上記の資料は2020年の研究所の事業年報。とても有益だった。
この研究にも税金が使われているのだから、国民はちゃんと見よう笑

Google「厚生労働省 人口予測」

この資料のこの図が衝撃的だった
ピンクが低位推計

低位推計でいくと、2100年には明治5年の人口と同じになってしまうということ。

Quora
What is the expected population of Japan in the year 2100?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です